ドラフト会議まであと数時間

 
 1回はドラフトのくじ引きたいな

 
 と投稿してちょっとたって、今度はこんな投稿をしたくなった。

 
 先ほど、ドラフト会議がらみの俳句のようなものを投稿したけれど、本音はこんな感じだったりして。

 1回はドラフト会議で呼ばれたい #haiku?

(上記はほぼ、facebook、twitterに投稿した内容です)
 
 
 

松尾芭蕉が旅立った採茶庵(さいとあん)跡

 

 
  
 今朝のモーニングスケッチ。黒のボールペン(UNDER ARMOUR)を使用し、15分くらいかかっただろうか。
 
 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出かけたのは、元禄2(1689)年。海辺橋のたもとにある、この採茶庵(さいとあん)跡からだったそうだ。
 

 Saitoan-ato.From here(there) haiku-poet Basho Matsuo started ‘Oku-no-hosomichi’ trip in 1689.
 
 
 

冬のパンジー(東京下町スケッチ)

 
 

 
 
 今朝のスケッチ。パンジーと書いたら、ジーパン刑事を思い出した。ジーパンと呼ばれた刑事がわかるのは、同世代の人が多いかもしれない。ここで一句「パンジーでジーパン想う何じゃこりゃ〜」(わかりにくかったかなぁ)
 
 
  iPhoneアプリ“SkecthBookX”(無料)で指描きしました。
 

 
 
 
 

戦メリと俳句

 
 
昨日、ネットでたまたま

 ウチの山崎まさよしが言ったんですよ。
 「戦場のメリークリスマス」
 あれは坂本さんが5/7/5…
 俳句をイメージして作ったんだよ。

という文面を見つけて、びっくり。

 

あの有名な曲は、俳句だったのか。

 ラララララ
 ララララララ
 ラララララ

(ご存じの方は、あのテーマメロディを
口ずさんでみてください)

あれっ、
メインテーマのメロディは、
5 6 5
のような気がするけど、ま、いいのか。

俳句といっても、字余りや字足らずのものもあり、
すべてが5 7 5でもないんだし。

 
 

 
尾崎放哉の

 咳をしても一人

なんて、自由律俳句らしいけど、
自由すぎて、おもしろすぎるし。
 
 
 

「戦場のメリークリスマス(Merry Christmas,Mr.Lawrence)」は
俳句をイメージしてつくったと、
坂本龍一さん本人が言っているのかどうかはわからないけど、
山崎まさよしさんの発言は新鮮だった。
 
そして、俳句から、であったにしても
そうでなかったとしても、
あの曲の素晴らしさは変わらない。