松尾芭蕉が旅立った採茶庵(さいとあん)跡

 

 
  
 今朝のモーニングスケッチ。黒のボールペン(UNDER ARMOUR)を使用し、15分くらいかかっただろうか。
 
 松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出かけたのは、元禄2(1689)年。海辺橋のたもとにある、この採茶庵(さいとあん)跡からだったそうだ。
 

 Saitoan-ato.From here(there) haiku-poet Basho Matsuo started ‘Oku-no-hosomichi’ trip in 1689.
 
 
 

Yasu
  • Yasu
  • デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。

75件のコメント

643件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です