AIは人間を目指すのか、人間を超えるのか

 
 清水亮さんのブログを読んでいて考えたのが、「AIは人間をめざすのか、人間を超えるのか」ということ。

 最近、AI(人工知能)が話題になっていることを私も感じている。AI(人工知能)が人間を超えるシンギュラリティは、2045年に起こるともいわれている。

 では、このときの人間を超えるとはどういうことか。いや、その前に超えるためには、どこまでも近づかないといけないだろう。マラソンだって、前を走っている選手を追い越そうと思ったら、まずはその選手に追いつかないといけない。

 そもそも、人間とは超えなければいけないものなのか、という気もする。人間は不完全だし、物忘れもするし、うっかりミスもするし、年をとると体力や気力、記憶力などが衰える(人が多い)。

 では、まず人間的なAI(人工知能)をめざすには、そのような「年をとると衰える」機能を盛り込むのか。その必要があるのか。そうしたほうが、たしかに「人間的」なのかもしれない。

 だとすれば、人間に近づくとはミスをしたり、忘れたり、うっかりしたりすることなのだろうか。そういったことが(自然に)できるようになったAI(人工知能)があったとしたら、人は「人間らしいAI(人工知能)だな」と言うのだろうか。仮に言ったとしても、それはホメ言葉なのだろうか。「ダメなAI(人工知能)」というレッテルを貼られるようなものなのか。

「人間を超える」ことを目指すとしても、では、その場合の「人間の定義」は何か、どういった存在で、どういったことができて、どういったことができないのを人間というのか。

 そのようなことから考えないといけないのではないか。もちろん、そのようなことを考えてAI(人工知能)の開発に取り組んでいる研究者やプログラマーなどもいるのだろう。まずは、そういったことを調べてみる必要がありそうだ。

 そして、まだ調べたわけでもないが、人間を超えるとは、もしかしたら究極的には神に近づくということなのか。仮にすだとすると、深層学習(ディープラーニング)によって進化し続けたAI(人口知能)とは、新しい神のことなのか。New God

 いや、そうとは思えないし(今のところ)、私の考えはどこかで間違っているのかもしれない。こう書いていたら、深層学習(ディープラーニング)によって、AI(人口知能)はどこを目指すのか、大いに気になってきた。

 ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)」ではないけれど、答えは風の中なのか。

 その答えを、AI(人口知能)に聞いてみるべきなのか。
 
 
 

「いつやるの?」「今でしょ」は普遍的ないい言葉

 今朝、自分のfacebookページを見たところ、4年前に自分がこんな書き込みをしていたことを思い出した。いや、思い出したというより、ほとんど忘れていた。

 数年前に流行った「そんなの関係ねえ!」は、社会とのコミュニケーションを拒絶しているようなニュアンスが感じられ、あまり好きになれなかったが、最近の流行語(といっていいかな)「いつやるの?」「今でしょ」は前向きな気がして、けっこう好感を抱いている。

 で、こんなことを書いていたのか、と思いながら、次のようなことをfacebookに添えた。
 
 4年前にこう書いたのか。「いつやるの?」「今でしょ」はすでに流行語でははないが、自分に言い聞かせるのに、普遍的ないい言葉かもしれない。
 
 

 上記のように書いたのは今朝で、いまは夕方。あらためて見ても、シンプルでありながら、モチベーションを上げたり、すぐに行動することを促したりするのにいい言葉だと思う。
 
 
 

成功するための才能とは「行動する能力」のこと

 
 妻のコートなどをもらいにクリーニング店への向かいながら、Audible(amazonの音声サービス、ということでいいのかな)でマイケル・ボルダックの『達成への科学』を聴きはじめる。
 まだ途中なのだが、成功哲学の祖といわれるナポレオン・ヒルの言葉「願望とは、すべての富の始まりである」が耳に残り、メモをとる。
 また、マイケル・ボルダックが初めて訪れたセミナーで耳にしたという「勝者とは生まれながらでなく、つくられるものだ」も印象的だ。
「成功とは学ぶことのあるスキルである」も、マイケル・ボルダックが大金をはたいて足を運んだ、4日間のセミナーのタイトルだという。

 というような音声を聴きながら帰宅した私は、書棚にあったある本を思い出し、ページを繰った。そこにはこんな言葉が書かれていた。

 めざましい成功を収めている人を目の当たりにすると、きっと何か特別な才能に恵まれた人に違いないと思いがちだが、それは心理的な罠にすぎない。
 もっとよく見てほしい。そうすれば、大成功した人たちが、普通の人にはないものを持っているとするなら、それは行動する能力だとわかるだろう。それは誰もが自分の中に持っている「才能」であり、いくらでも伸ばすことができるものだ。

 これは、アンソニー・ロビンズ著『世界No.1カリスマコーチが教える 一瞬で自分を変える法』(本田健さん訳、三笠書房)に収められている言葉。
 
 これを、こうやってブログに書き写していると、なんだか自分の中にエネルギーが増えてくる気がする。気がするだけかもしれないし、私は単純なだけかもしれないが、それでもいいだろう。思い込みはエネルギーになるはずだから。そう、これも根拠のない自信のひとつかもしれない。

 

 
 
 

ティム・クックのメッセージ(ドナルド・トランプがアメリカ大統領に選ばれた直後)

 
 アップルCEO、テイム・クックによる、ドナルド・トランプが米国大統領に選ばれたことで不安になっている(かもしれない)全社員に向けたメッセージが素晴らしい。私はfacebookでこのメッセージの存在を知ったのだが、リンク先はiPHone Maniaというサイトで、もともとはBuzzFeed Newsに掲載されていたものだという。だから二次情報、三次情報どころか、四次情報ともいうべきか。

 それはさておき、そうだよ、そうだよ。いろいろな人の多様性を受け入れる以外に、前へ進む道はない。そうなのだ。これは、ティク・クックにとって、アップル社員にとって、だけでなく、誰にとっても重要なメッセージだと思う。