AIは人間を目指すのか、人間を超えるのか

 
 清水亮さんのブログを読んでいて考えたのが、「AIは人間をめざすのか、人間を超えるのか」ということ。

 最近、AI(人工知能)が話題になっていることを私も感じている。AI(人工知能)が人間を超えるシンギュラリティは、2045年に起こるともいわれている。

 では、このときの人間を超えるとはどういうことか。いや、その前に超えるためには、どこまでも近づかないといけないだろう。マラソンだって、前を走っている選手を追い越そうと思ったら、まずはその選手に追いつかないといけない。

 そもそも、人間とは超えなければいけないものなのか、という気もする。人間は不完全だし、物忘れもするし、うっかりミスもするし、年をとると体力や気力、記憶力などが衰える(人が多い)。

 では、まず人間的なAI(人工知能)をめざすには、そのような「年をとると衰える」機能を盛り込むのか。その必要があるのか。そうしたほうが、たしかに「人間的」なのかもしれない。

 だとすれば、人間に近づくとはミスをしたり、忘れたり、うっかりしたりすることなのだろうか。そういったことが(自然に)できるようになったAI(人工知能)があったとしたら、人は「人間らしいAI(人工知能)だな」と言うのだろうか。仮に言ったとしても、それはホメ言葉なのだろうか。「ダメなAI(人工知能)」というレッテルを貼られるようなものなのか。

「人間を超える」ことを目指すとしても、では、その場合の「人間の定義」は何か、どういった存在で、どういったことができて、どういったことができないのを人間というのか。

 そのようなことから考えないといけないのではないか。もちろん、そのようなことを考えてAI(人工知能)の開発に取り組んでいる研究者やプログラマーなどもいるのだろう。まずは、そういったことを調べてみる必要がありそうだ。

 そして、まだ調べたわけでもないが、人間を超えるとは、もしかしたら究極的には神に近づくということなのか。仮にすだとすると、深層学習(ディープラーニング)によって進化し続けたAI(人口知能)とは、新しい神のことなのか。New God

 いや、そうとは思えないし(今のところ)、私の考えはどこかで間違っているのかもしれない。こう書いていたら、深層学習(ディープラーニング)によって、AI(人口知能)はどこを目指すのか、大いに気になってきた。

 ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)」ではないけれど、答えは風の中なのか。

 その答えを、AI(人口知能)に聞いてみるべきなのか。
 
 
 

投稿者:

Yasuhiro Okura

デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。