右肩痛とテイタム・オニールのアイシング

 
 昨日、息子のバッティング練習に付き合ったとき、張り切りすぎたかな。右肩が痛い。やっぱり、素人でも(素人こそ?)肩のケアは大切なのだろう。

 そんなことを考えてみたら、映画『がんばれベアーズ(The Bad News Bears)』で、テイタム・オニール演じるアマンダが、ベンチで右ひじを冷やしている場面を思い出した。

 同作の公開は、1976年。当時、日本ではまだアイシングは一般的ではなかったではないかな。むしろ、肩やひじは投球後も冷やしてはいけないというのが、日本で常識だったのではないだろうか。おそるべし、アメリカ野球。

 長く野球を楽しむため、僕も肩を大事にしようと思った。
 
 

 
 
 

Yasu
  • Yasu
  • デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。

16件のコメント

3件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です