肩を傷め、自己愛に気づく。これもナルシズム?

 
 整形外科に診ていただき、リハビリも受け、右肩・右腕がほんの少しだけど良くなってきた。良くなってきたのがうれしいのはもちろん、自分の体が愛おしくなってきている。こう書くと、(自分愛の)変なやつに思われるかもしれないけど(まあ、思われてもいいけれど)、自分の体のことって分かっているようで分かっていないんだなぁと実感。こういうふうにすれば(ちょっとずつでも)こう良くなる、というのが分かってくると張り合いが出るし、リハビリメニューをやる気がわいてくる。
 
 

 

投稿者:

Yasuhiro Okura

デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。