小川町のAirFootWorksと吾妻橋のエドワード・ヴァン・ヘイレン

備忘録というか、忘れる前にいくつか書いておくことにする。


10月のあたま頃の木曜日だったか、靖国通りで自転車に乗っていたら、小川町あたりの交差点(肉の万世の近く)で、AirFootWorksのステッカーがボディに貼られたオートバイと並んだ。赤信号で停車したときだった。そのステッカーを見て、思わず「エアフットワークスか」と口に出してしまったところ、オートバイの男性から「ご存知ですか」と言われた。「ええ、YouTubeで見たりしていて」と答えると「ありがとうございました」と返答された。

信号が青に変わるまでのほんの少しの間、言葉を交わした。僕が「もしかしてリーダーの方ですか」とたずねると「はい」とのこと。一瞬、名前が出てこなかったが、帰宅後にインターネットで検索し、上西(じょうにし)隆史さんだと確認した(名前は知っていたのだけど)。

鉄棒を用いたパフォーマンスをする集団「AirFootWorks」のリーダーである上西さんは、須藤元気さんが所属するパフォーマンスユニット「WORLD ORDER(ワールドオーダー)」のメンバーでもある(あった、というほうが正確かもしれない)。

もう1つ、なんだったかなぁ、書こうと思っていたのは。

そうそう。吾妻橋の近くを朝、ジョギングしていたとき、エドワード・ヴァン・ヘイレンのようなギターを弾く男性を見かけた。ヘヴィメタルなのかハードロックなのか、僕としては判然としなかったが、かなりの轟音でギターをかき鳴らしていた。ギターアンプを川べりに階段(だったか)に置き、上手な演奏だったと思う。

あれはヴァンヘイレンだったか、あるいはマイケル・シェンカーだったかもしれないが、なかなか見事な演奏だった。たしか、10月6日にエドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなり、その訃報を目にしてから数日後くらいだったと思う。40代から50代くらいの男性によるあの演奏は、エディへの追悼の気持ちを表すものだったのだろうか。

投稿者:

Yasuhiro Okura

デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。