真ん中に蹴って捕られたらしゃあない

 
 昨夜のW杯最終予選(まだイラク戦があるけれど)、後半45分にオーストラリアの選手のハンドで得たPK。キッカーは本田圭佑選手。
NHK-BS1でテレビ観戦していた僕の目には、ゴール左隅に思いっきり蹴ったように見えた。しかし、その直後、別の角度からの映像が流れ、驚いた。あの場面でど真ん中に蹴るとは、どれだけ強心臓なのか。

 小学生のサッカーならともかく、ある程度以上のレベルのサッカーでは、GK(ゴールキーパー)はPKの際、右か左かどちらかを読んで、キッカーがボールを蹴る瞬間にシュートを防ぐため、GKがどちらかに飛ぶことが多い。

 本田選手は過去にもど真ん中に蹴ることがあるので、もしかしたらど真ん中に蹴ってくるかも、という気持ちもGKの中にはあったかもしれないが、そんなデータうんぬんも、本田選手のこの言葉を知るとバカらしくなってくる。

「(PKでの得点)緊張していて、真ん中に蹴って捕られたらしゃあない、という気持ちで蹴りました」

あ、本田選手でも緊張するんですね。(記事参照
 
 
 

Yasu
  • Yasu
  • デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。

2件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です