大江宏アーカイブ展で、間取りと屋根の関係性を学ぶ

 
「学生の提出してくる課題を見ると、
間取りとは関係なしに屋根を架けているものが多い。

実際の建築物にしてもしかり。

かつての帝室博物館で今は国立博物館の屋根などは、
間取りとは無関係にこれを無視して架けられていますが、
それこそ建築に対する冒涜というものです。

建築家の故・大江宏氏『間と気配に基づく空間構成(1984)』

———————————————————–

(下記の)写真はゆる〜くなってしまったけど、大いに刺激を受けた。
屋根と間取りのように、建築以外の世界でも(何かと何かの)関係性は重要だろう。

建築家・大江宏 生誕百年記念事業」アーカイブ展
11月23日(土・祝)まで 9:00〜17:00
法政大学市ヶ谷田町校舎1〜5階展示コーナー
 

 
 
 

Yasu
  • Yasu
  • デザイナーを経て、クリエイティブディレクター、コピーライター、ライターに。「ベースボール」代表。広告&Web企画・制作、インタビュー構成をはじめ『深川福々』で4コマ漫画「鬼平太生半可帳」連載中。書籍企画・編集協力に『年がら年中長嶋茂雄』など。ラフスケッチ、サムネイル作成、撮影も。

912件のコメント

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です